平和な生活を送るために

適応できるパターン

住宅の保険に入っている人が多いと思います。
それなら災害が起こった時に、費用を負担してもらえるかもしれないので利用してください。
どんな時に、災害が起こるかわかりません。
急に起こっても、費用を用意できない可能性があります。
費用に困らないよう、保険にしっかり入っておきましょう。

保険を申請する前に、適応できるのか調べてください。
種類によって、どんな時に保険が適応されるのか変わります。
なるべく、多くのパターンに適応できる保険に入るのがおすすめです。
保険料が安くても、適応できるパターンが少ないと利用できる機会がありません。
加入する前に、どんな時に適応できるのか必ず調べてください。
少ないと思ったら避けましょう。

申請する準備を始めよう

ただ災害が起こって、住宅が壊れたから保険を使って修繕したいと言っても無駄です。
住宅が壊れているという、証拠を見せなければいけません。
そのために、写真を撮ってください。
壊れている様子を見せれば、保険会社も納得してくれるはずです。
写真がないと、保険を適応できないので絶対に忘れないでください。

すると修繕にかかった全額を、自分が負担することになります。
お金が足りなくなると、修繕する場所を厳選しなければいけないかもしれません。
まだ壊れている状態の住宅では、安心して暮らせません。
保険を申請できるよう、写真撮影を早く済ませてください。
他にも書類を記入しなければいけないので、手順を事前に把握しておきましょう。


みんなにシェア

B!